津山市議会議員 森岡和雄津山市議会議員 森岡和雄略歴政策活動報告お問合せ・後援会申し込み
活動報告
《前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ》
富士山と初日の出

2021年1月
2021年(令和3年)新年にあたって

皆様にはお健やかに新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、新型コロナウイルス感染症という未知の感染症に日本のみならず世界が直面する年となりました。
改めてお亡くなりになられた方々、今なお病に苦しんでいる方々に対し、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
未だ収束の見通しはたっておりませんが、献身的な治療と医療体制を維持してくださっている医療従事者の皆様に、深い敬意と感謝を申し上げます。
新型コロナウイルスは、誰でも感染しうるものであり、昨今言われている「コロナ差別」など無きよう不確かな情報にまどわされることないように気をつけていきましょう。

本年は、衆議院議員選挙が行われる年でもあります。
未曽有の事態の中ではありますが、我が国のかじ取りを誰に託すのか、どの政党に託すのか選択していかなければなりません。
新しい時代のリーダーが求められていると思います。

津山市においては、昨年に人口が10万人を下回りました。
1期3年目を迎える谷口市長も市議会も市民皆様の声を聴きながら、県北の雄都であり拠点都市としてウィズコロナに対応したより良い市政を、次世代に紡いでいくための踏ん張りどころです。
皆様方には本年もどうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ
雪

2020年12月
2020年(令和2年)を振り返って

令和2年、皆様方におかれましては誠にお世話になりました。

新型コロナウイルスという未曾有の事態が世界中に広がり、大変な年となりました。
世界的な不景気のなかで、日本や岡山県、津山市においても例外ではなく住民皆様の生活が心配です。
市においても経済対策がなされていますが、出口の見えない戦いであり、精神も疲弊してしまいます。
どうか、ご家族、知人友人、同僚の皆様と助け合ってこの難局を乗り越えていきましょう。

私の近況としましては、昨年法人化しました「森岡林業」での取り組みとしてソーラーシェアリングと呼ばれる仕組みの中で、原木しいたけの初採集を行いました。
植菌初年度ですので、数量はそこまで出ていませんが、知り合いや飲食店で食していただいた方々から、「肉厚でおいしい!」とお声をいただき、農業の楽しさを実感しております。
この取り組みにより、県北の山林や田畑を活かし、完全無農薬でのしいたけで、地域の雇用促進につなげていきたいと思います。
弊社HPもよければご覧ください。

今年もあとわずかになりました。
どうぞ、良い年を迎えていただきますよう心からお祈りいたします。

【有限会社森岡林業 HP】
https://www.morioka-ringyou.com/
ページの先頭へ
冬うさぎ

2020年4月
津山市の新型コロナウィルス対応と
森岡和雄の近況報告

令和2年度となり、初めてのホームページ更新です。

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、岡山県北でも津山市で感染者が出ました。
市民県民の皆様方におかれましては、正しい情報をもとに、相互に支えあい命を守り、この難局をともに突破しましょう。

津山市議会の産業委員会が5月7日に開催されますので、コロナウイルスに関する津山市ができる対応・対策を協議いたします。
大変な時なので、不要不急の外出は避け、お体にはご自愛ください。

地産地消につなげる森岡林業につきましては、原木しいたけ植菌時期のピークを過ぎましたので、植菌したものは太陽光発電のもとに仮伏せしております。
思ったより多くの桜の木が出ましたので、なめこも植菌しました。
秋にかけて、本伏せや水分調整を行ってまいります。
秋には第一弾が出始めますので、その頃には写真をアップして報告したいと思います。

【津山市HP】
新型コロナウイルスに関する津山市の対応はこちら
https://www.city.tsuyama.lg.jp/news2/detail.php?id=77

相談窓口
津山市では新型コロナウイルス感染症に関する各種の相談に対応するため、総合相談窓口を設置しました。
新型コロナウイルスに関するお問い合わせ等がございましら、下記までご相談ください。

電話番号:0868-32-2062
受付時間:午前8時30分 〜 午後8時まで(土日・祝日も開設)



※相談窓口に問い合わせがあった内容を,新型コロナウイルスに関するQ&Aにまとめています。参考にしてください。



次の症状がある人は帰国者・接触者相談センターに相談してください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患などがある人,妊娠中の人は,4日を待たず,状況に応じてすぐにでも,かかりつけ医または帰国者・接触者相談センターに相談してください。

担当施設:美作保健所
電話番号:0868-23-0163
受付時間:午前9時 〜 午後5時まで(平日)
※平日の17時から9時及び土日祝日は、留守番電話につながりますので、応答メッセージに従ってください。
冬うさぎ

2019年12月
2019年(平成31年-令和元年)を振り返って


ソーラーシェアリング_しいたけ栽培

写真を拡大

令和元年最後のホームページの更新となります。

今年は、大変な年でありました。
春に息子と私の統一地方選挙があり、息子のほうは惜しくも惜敗をいたしましたが、市会議員の私については、変わらぬご支持をいただき、本当にありがとうございました。
この選挙を通じて、多くの皆様と出会い、あらためて地域の生活や実状を把握することができ、本当に有意義な年であったと思います。
息子の方も、この選挙を通じて見たことのない景色を見させていただき、多くの得るものがあったように思います。
皆さんには「捲土重来」と言っていただいておりますし、本人も一から出直して頑張ると言っておりますのでご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

今年は私自身、将来のことを考えて「森岡林業」という法人を立ち上げ、新しい取り組みを始めました。
ソーラーシェアリングと呼ばれる仕組みの中で、太陽光発電の下でしいたけ栽培をする県北では初めての取り組みであります。
県北には山が多くあり、その山には原木しいたけを栽培するコナラやクヌギ、そして桜などの多くの木が生えており、これを活用して雇用につなげ地域の産物にしたいと会社の仲間と一生懸命、研究努力をしています。
先進地の玉野・愛知・鳥取と視察に行き、いよいよ実験段階が終わり実証する過程に入っています。
多くの人の知恵と力を借りながら、必ず成功させて雇用を通じて地域に貢献をしたいと思っています。
また、高齢者や障害のある方も一緒に働けるような環境を作りたいと頑張っております。
その成果についてはまた報告をさせていただきます。

今年もあとわずかになりました。
どうぞ、良い年を迎えていただきますよう心からお祈りいたします。

森岡和雄の産業委員会行政視察
写真を拡大 森岡和雄の産業委員会行政視察
写真を拡大 森岡和雄の産業委員会行政視察
写真を拡大

2019年11月
委員会視察報告と12月議会一般質問について

11月7日(木)と8日(金)の2日間で津山市議会産業委員会行政視察で東京に行ってきました。
1日目は、東京都葛飾区の町工場見本市へ、2日目は、農林水産省と厚生労働省より農福連携について林野庁より森林環境税と森林管理などについての貴重なお話を耳にすることができました。
今回の視察を踏まえ、地元津山市のために今後も努力していきたいと思います。

また、12月議会が今月末より開会いたしますので、下記の内容で一般質問を行う予定です。

1

地方行政における「b/c」(ビー・バイ・シー)
「費用対効果」について

  地方行政における「b/c」(ビー・バイ・シー)「費用対効果」を良く検討して判断したいと市長は良く答弁されますが、地方行政に携わる我々にとって「費用対効果」とはどのようなものでしょうか。 「b/c」とは経済用語であって地域の皆さまにわかりやすく説明なり所見を伺いたいと思います。
2

津山和牛の取り組みと今後の方針について

  津山和牛について今までの取り組みと今後の方針についてお伺いしたいと思います。
2

一昨年の集中豪雨の復旧復興、ボランティア対応について

  一昨年の集中豪雨の復旧復興はどのようになっていますか。そして、この教訓をもとに国土強靱化を受けて市域の強靱化施策はどうなっていますか。また、災害時においてボランティアの大切さが特に際立っていたように思います。津山市において、ボランティア対応について取り組みはどのようになっていますか。また、ダムの洪水調整についてのその後の取り組みはどうなったでしょうか。
  ページの先頭へ
森岡和雄と津山市議会議員選
写真を拡大 森岡和雄の個人演説会
写真を拡大

2019年2月
平成最後の津山市議会議員選

本日、平成最後の津山市議会議員選挙が告示されました。
私にとって5期目の挑戦となります。
4期14年、後援会の方々はじめ市民の皆様にお支えいただき、ふるさとのためにいくばくかでも恩返しせんと奮闘してまいりました。
昨年の津山市長選挙を経て谷口圭三市長をニューリーダーとした市政の中で、私も「活力と安全、安心のまちづくり」をさらに進めんと立候補させていただいております。

また、先日投開票の岡山県議会議員選挙において、次男の寛人が挑戦させていただきましたが、本人また私の力不足により当選に届きませんでした。
お支えいただいた県民の皆様にお詫び申し上げますとともに、地元の若者の挑戦を支援していただきましたこと心より感謝申し上げます。
新しく若い仲間もでき、力をつけ捲土重来を期すと本人も申しております。
今後ともお育ていただければ幸いです。

今回選挙は、定数28名に対し31名立候補の見通しで少数激戦の様相です。
また今回選挙より、
〇統一地方選初の18歳選挙権の導入
〇選挙運動用チラシ、選挙公報の導入
となり、有権者の皆様の投票行動も今までと変わるものとなり、低下の一途を辿る投票率(前回58.70.%)に歯止めがかかるか注目されております。

私、森岡和雄も4月21日(日)投票日まで精一杯皆様と共に闘い抜き、これからも市勢発展に尽くす所存です。
投票用紙には「森岡和雄」とお記しいただき、ついてはその輪をお電話などで拡げていただき、市民皆様の清き一票を、ご負託を賜れれば幸甚の極みでございます。
何卒よろしくお願い申し上げますとともに、簡単ではございますが立候補出陣のご挨拶とさせていただきます。

ページの先頭へ
梅

2019年2月
2019年津山市統一地方選挙

皆様、久し振りにホームページを更新します。
2月に入りますが、今年は統一地方選挙の年に当たります。
津山では4月に県議選と市議選があり次男の寛人が、3月29日告示4月7日投票の県議会選挙に立候補いたします。
昨年春、前県議の岸本先生から「この県議選に立候補させてくれないか」というお話を頂いたとき、あまりにも若く経験の少ない寛人にはまだ無理だと思い「先生、やめてください。寛人には、市議会議員から勉強させようと思います。」
と幾度も断りましたが、政治を志すのであれば若いうちからでないとだめだといわれ寛人に判断をゆだねることになり、紆余曲折ありましたが、立候補の運びとなりました。
現在の県北を見ていまして、南厚北薄という言葉はあまり好きではありませんが、南と比べ格差があるのも事実です。
特に、インフラ整備の遅れは顕著です。
行政用語の費用対効果という言葉で事業評価をいたしますが、これは民間の事業評価のことで行政がすべて民間感覚で行政評価を行えば、人口の少ない僻地には人は住めなくなります。
県土全域の均衡ある発展のためには、行政機能の果たす役割は大きく、福祉・教育・防災・文化・インフラと行政機能をなくして、住民生活は成り立ちません。
そこなんです!!!
この行政機能を使い切る郷土愛を持った情熱ある有能な政治家がいります。
このような政治家がすぐ育つとは思いませんが、寛人の此の一年間を見ていまして、親が思う以上に子供は日々成長していると感じます。
一人でも多くの人々と出会い多くの事を学び、県北のために役に立つ政治家になってくれることを望みます。
あと50余り日、目一杯走り抜けてほしいと思います。

ページの先頭へ
《前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ》
 
Copyright © 2007 MORIOKA KAZUO All Rights Reserved. 無断転載禁止 produce by gigapromotion